FAQ (よくある質問)

Frequently Asked Questions (よくあるご質問)


皆さまからよくあるご質問をご紹介致します。 [2009.11.15.更新]
こちらに掲載されていないご質問につきましては左メニューの「お問い合わせ」からご連絡下さいませ。

[ご質問]

Q1.国際ボディーガードライセンスとはどのようなものですか?
Q2.訓練内容はどのようなものですか? どのような訓練を行うのですか?
Q3.訓練はいつ実施されていますか?
Q4.IBAエージェント(会員)とはどのようなものですか?
   エージェント登録はどのように行いますか?
Q5.国内エージェントと国際エージェントでは何が違うのですか?
Q6.IBA国際エージェントバッジとCIBGの違いは何ですか?
Q7.海外での訓練には参加できますか?
Q8.訓練等に関する資料を送っていただけますか?
Q9.訓練はLEVEL1から順番に受講しなくてはならないのですか?
Q10.IBAの海外の支部でLEVEL1訓練を受講しました。
    日本でLEVEL2から受講することはできますか?
Q11.日本国内で実弾射撃の訓練を受けることはできるのですか?
Q12.訓練修了後、警備会社等でボディーガードとして働くことはできますか?
Q13.仕事の都合上、訓練期間中、参加できない日があります。どうしたら良いですか?
Q14.修了試験や審査とはどのようなものですか?難しいですか?





--------------------------------------------------
Q1.国際ボディーガードライセンスとはどのようなものですか?

A1.IBA国際ボディーガード訓練及び国際ボディーガードライセンスに
   つきましては、下記のページでご案内しております。ご参照下さいませ。
   >国際ボディーガードライセンスについて

Page Top

Q2.訓練内容はどのようなものですか? どのような訓練を行うのですか?

A2.訓練項目を公開しております。下記のページをご参照下さいませ。
   >IBA国際ボディーガード訓練・訓練内容

Page Top

Q3.訓練はいつ実施されていますか?

A3.2009年の訓練スケジュールが公開されております。ご参照下さいませ。
   >IBA国際ボディーガード訓練・2009年訓練スケジュール

Page Top

Q4.IBAエージェント(会員)とはどのようなものですか?
   エージェント登録はどのように行いますか?


A4.IBA訓練システム,訓練費用,エージェント登録システム等については、
   下記のページでご案内しております。ご参照下さいませ。
   >IBA国際ボディーガードシステム(2009年版)

Page Top

Q5.国内エージェントと国際エージェントでは何が違うのですか?

A5.LEVEL1及びLEVEL2(合計100時間)の基礎的な訓練を修了された方が、
   IBA国内エージェントとしてIBA JAPANに登録することができます。
   国内エージェントの登録は、日本国内でのみ有効で、海外では適用されません。
   これに対し、LEVEL3(合計150時間)まで修了された方は、IBA国際エージェントとして、
   国際組織であるIBAの本部データベースに登録されます。海外各国の支部代表は
   このデータベースを利用し、世界中の国際エージェントを検索することができます。

Page Top

Q6.IBA国際エージェントバッジとCIBGの違いは何ですか?

A6.IBA国際エージェントバッジは、合計訓練時間数150時間を超え、訓練評価「C+」以上の
   IBA国際エージェントに貸与される、国際ボディーガードとしての証明です。
   バッジにはそれぞれシリアル番号が彫ってあり、これが、世界に一つしかない
   国際エージェント番号(バッジナンバー)となります。
   バッジ内には、国際エージェント証(顔写真付き身分証)が入ります。
   これに対し、CIBG(Certified International Bodyguard)とは、認定国際ボディーガード
   ライセンスとなります。これまで、各国や組織,会社単位で発行していたボディーガード
   ライセンスは、多く存在しておりましたが、世界中で認められる国際ライセンスは
   ありませんでした。国際組織であるIBAが作り上げたCIBGは、世界約100カ国で
   通用する、ボディーガードの国際ライセンスとなります。
   既に、国際エージェントバッジ取得者は世界中で数多く出ておりますが、
   この中から、さらに選抜されて資格を与えられた者、それがCIBGライセンサーです。

Page Top

Q7.海外での訓練には参加できますか?

A7.IBAは、世界約100カ国で活動する国際組織です。
   一度、日本国内で訓練を受けられますと、その後、海外の支部で実施している
   様々な訓練に参加することができます。日本国内では実施の難しい銃器や
   爆発物等の訓練についても、海外の支部で訓練を受けることができます。
   (一部、現地の警察や軍隊にのみ指導している訓練には参加できないものもございます)

Page Top

Q8.訓練等に関する資料を送っていただけますか?

A8.IBA及びIBA JAPANでは、訓練等に関する資料の配布は行っておりません。
   (法人様の場合は別途ご相談下さい)
   訓練内容や会員システム等に関する詳細は、当サイトやオフィシャルブログにて
   ご案内をしておりますので、そちらをご参照下さいませ。
   また、ご不明な点等ございましたら、左メニューの「お問い合わせ」から
   ご連絡下さいませ。

Page Top

Q9.訓練はLEVEL1から順番に受講しなくてはならないのですか?

A9.はい。IBAでは、すべての方にLEVEL1から順に訓練を受けていただいております。
   これは、IBA独自の技術や知識が多く含まれているためで、実務経験や、他の
   訓練施設で訓練を受けた経験等に関係なく、LEVEL1から受講していただいております。

Page Top

Q10.IBAの海外の支部でLEVEL1訓練を受講しました。
    日本でLEVEL2から受講することはできますか?

A10.はい、大丈夫です。
    IBAでは、世界中どこの国でも同じレベルで訓練を実施しておりますので、
    受講経験を引き継いで、日本で続きの訓練を受けることができます。

Page Top

Q11.日本国内で実弾射撃の訓練を受けることはできるのですか?

A11.現在の日本の法律上、国内での実弾射撃訓練はもちろんできませんが、
    世界約100カ国で活動しているIBAならではの、国際ネットワークがございます。
    海外の支部が主催する訓練に参加することで、実弾射撃や爆発物等、
    日本国内で実施することのできない各種訓練を受講していただくことが
    できるようになっております。

Page Top

Q12.訓練修了後、警備会社等でボディーガードとして働くことはできますか?

A12.最終的にボディーガードとして働くことができるか否かは、各警備会社等の判断に
    よりますが、訓練修了時の成績が良い方(*)で、希望される方には、日本国内や海外の
    警備会社等への紹介・推薦を行っております。
    *訓練修了時成績が「B」以上の方が対象となります。

Page Top

Q13.仕事の都合上、訓練期間中、参加できない日があります。どうしたら良いですか?

A13.訓練に参加できない日がある場合、参加できなかった日の分を、翌訓練開始時、
    または、翌々訓練開催時に、補習として無料で受講することができます。
    補習を受けるのが、3訓練以上後になる場合や、年をまたぐ場合については、
    有料受講となる場合がございます。詳しくはインストラクターにご相談下さいませ。

Page Top

Q14.修了試験や審査とはどのようなものですか?難しいですか?

A14.すべての訓練に試験があるわけではございません。
    LEVEL3訓練終了時に、認定バッジを取得するに値する知識と技術とを持ち合わせて
    いるか否か判断するために、筆記試験及び実技試験がございます。
    また、CIBG(国際ボディーガードライセンス)取得を目指される方の場合、まずは日本で
    行われる筆記試験及び審査に合格する必要がございます。その後、アイルランドにある
    IBA本部が指定するレポートの提出とプレゼンテーション,審査を受け、すべてに合格する
    必要がございます。(アイルランド渡航は必須ではありません)
    試験は、決して簡単なものではありませんが、努力しても点数が取れないほど難しいもの
    でもございません。IBAとしましても、できるだけ多くの優秀なボディーガードを育てたいと
    考えておりますので、試験や審査合格のためのサポートは惜しみません。

Page Top





















Page Top